不動産の査定〜不動産の売却方法お教えします!

【無料】査定をお考えの方はコチラから!

自宅にいながら不動産の相場が1分で分かる!!
・大手不動産会社を始めとする全国約500社の優良不動産会社から最大6社にまとめて不動産の査定依頼ができる
・もちろん無料
・無料査定依頼は1分だけ
・東証一部上場企業のNTTデータが運営しており、不動産売却査定業界最長の14年
の実績

HOME4U 不動産一括査定

引越しと引渡しのタイミングは?

引越しと引渡しのスケジュールの組み方を失敗すると、仮住まいなどの余分な費用が発生する場合があります。

 

不動産会社に事前に相談し、スムーズに引渡しを行いましょう。

 

引越しのタイミングとしては、次の3つが考えられます。

 

 

@物件が売れる前に、新しい物件を購入し先に引越す。

 

A今の物件に住みながら、売れるのを待って引越す。

 

B売りに出す物件から賃貸あるいは実家に引越し、買い替え物件を探す。

 

どのパターンを選ぶかは、現在のあなたの「資金力」によります。

 

物件の売却額を当てにしなくても買い替えの為の資金が準備出来るなら、物件が売れる前に引越しをして、空家の状態でじっくり買主が現れるのを待つのも良いでしょう。

 

しかし買い替えを考える考える人の多くは、売却する物件にローンの残債があるなど、資金に余裕がありません。

 

この場合、今住んでいる物件の売却を待ち、そこで得た資金で残りの住宅ローンを返済しないと(返済の目処が立たないと)、新しく買い替える物件のローンを組む事は困難というのが現状です。

 

つまり、今の物件に住みながら、売れるのを待って引越し先を探す事になります。

 

かなり慌ただしいスケジュールになりますが、やむ得ません。

 

もう一つのパターンとしては、一旦賃貸物件に引越し、売れるのを待って資金を手にしてから、じっくり買い替え先を探す方法があります。

 

「空家にした方が売りやすい」

 

「住んでいるところに内覧に来られるのが嫌だ」

 

などの理由でこの方法も有りですが、落とし穴もあります。

 

と言うのも、引越ししたら必ず短期で物件が売れるとは限らないからです。

 

住宅ローンも残っている物件の売却を待ちながら、賃貸住宅に引っ越すとなると、ローンの返済と賃料の2つの支払いが毎月あなたの肩に圧し掛かってきます。

 

確かに「空室」で売りに出す方が、いつでもオープンハウスを行えますから売るチャンスも多く、生活感が出ない為、高値で売りやすいという傾向はあります。

 

ですが、いつ売れるか分からない状況でローンと家賃の二重の負担をするのは、あまり賢い選択と言えません。

 

長く売れなくなった時に経済的負担が重く圧し掛かり、早く売ろうと焦って価格を下げてしまう結果になるよりも、じっくり腰を据えて納得のいく価格で売却を行う方が後悔が少ないのではないでしょうか。

 

ご自身の「資金力」を考えて、ご判断ください。

 

引越しと引渡しのスケジュールは、注意したいポイントです。

 

買主が決まり、売買契約の締結後は、残代金の受領日までに、引越しや公共料金の精算等を済ませ、買主に引渡す必要があります。

 

引渡しの際には、契約時に約束した状態にしなければならない為、スケジュールは細かく決めておくと安心です。

 

また、住み替えの場合、先に売却が決まると、仮住まいが必要になるケースや、買主に引渡しを待ってもらうケースなど、様々なパターンがあります。

 

よりスムーズに引渡し・引越しをする為に、事前に不動産会社に相談しておきましょう。

【一括無料査定】比較するから最高価格も相場も分かる!

・大手から中小企業までまんべんなく、不動産の売却査定額を比較できる
・もちろん無料
・無料査定依頼は1分だけ
・これまでの利用者数は300万人を突破
イエイ不動産売却査定