不動産の査定〜不動産の売却方法お教えします!

【無料】査定をお考えの方はコチラから!

自宅にいながら不動産の相場が1分で分かる!!
・大手不動産会社を始めとする全国約500社の優良不動産会社から最大6社にまとめて不動産の査定依頼ができる
・もちろん無料
・無料査定依頼は1分だけ
・東証一部上場企業のNTTデータが運営しており、不動産売却査定業界最長の14年
の実績

HOME4U 不動産一括査定

内覧の準備

購入希望者が内覧に来た時、お部屋の第一印象はとても大切です。

 

どんな準備をすればよいか、成功パターンを元に事前準備をしておきましょう。

 

中古不動産物件のご購入検討者は、初めに販売図面やチラシ、ネット等で室内レイアウトをあらかじめ確認してから訪問されます。

 

その後、実際の内覧では、当然ながらご購入検討者は、内覧においてお部屋の内装状態、採光などを細かくチェックされます。

 

ご購入検討者は物件が「古い」とか「狭い」はある程度内覧前に理解されて内覧に臨まれます。

 

しかし、室内が「汚い」や「片付いてない」状態は理解されておられません。

 

それどころか露骨に嫌な面持ちになられます。

 

よく見受けられますが、まあ、これ位は良いだろうと室内を整頓されないまま内覧者を迎えられる売主様がおられますが、絶対に成約しません。

 

お部屋が散らかっている状態は収納が足りないからというレッテルを貼られます。

 

印象を良くするために必ず行って頂きたいこと、それは物を出しっぱなしにせず、物入れやクローゼットなどの収納に入れておいてください。

 

少しくらいいいやなどの甘い考えでは絶対高額成約はしません。

 

断言出来ます。

 

外観が綺麗でも室内が汚い物件はまず高く売れません。

 

いいえ、それどころか購入されません。

 

売主は購入する場合「私だったらどこを見るか」を意識して内覧時に臨んでください。

 

また、もし可能であればデコレーション・インテリアコーディネート系の雑誌を参考にして室内のイメージアップする事をオススメします。

 

売主は販売の為の適切な準備をして、誠実な対応で買主に相対し、適切な情報を正直にお伝えする事です。

 

どうしても分からない場合は、売主に下記事項をオススメしております。

 

@室内清掃

 

 

・水回りの設備の清掃(キッチン・バスルーム・トイレ・洗面台は特に手入れ具合を見られます。)

 

・室内の拭き掃除・掃き掃除

 

・クロスの汚れ拭き

 

内覧される時ご購入検討者が、絶対に見られる場所がキッチン、お風呂、トイレ等の「水回り」です。

 

「水回り」は綺麗に整理整頓され、またあまりゴチャゴチャした物などを置いておかない方が、初めて観る方には好印象を与えるようです。

 

また「水回り」をきちんと清掃していないと、排水口の臭いなど、悪臭の元にもなります。

 

また、香りの良い、芳香剤等を置いておく事も良いのではないでしょうか。

 

過去に売却された売主は、玄関から入った所に花を飾ってカードも付けておられました。

 

花があると殺風景な部屋が明るく見え、手書きのカードで他の売主よりも身近に感じてもらえるみたいです。

 

A換気

 

まずはお部屋の空気の入れ替えを時間を掛けて行い、生活臭の無い状態にして頂きます。

 

中古住宅をお探しのお客様にとって臭いというものは、マイホームの夢が一気に現実に引き戻されます。

 

夢と希望に満ち溢れ内覧に来たのに、生活臭という臭いにより興ざめしてしまい購買意欲は一気に無くなります。

 

引き続き夢を見て頂けるよう、また前向きに購入を検討して頂く為にも、換気は売主にとっての義務とお考えください。

 

B荷物の整理整頓

 

引っ越しして空家にしてから売却した方が売れやすいと考える方が一般的です。

 

しかし、工夫次第では居住中の方が生活感があり、購入後のイメージがつきやすい場合が多くあります。

 

ご購入検討者はその家の使い方を見たり、売主の人柄を見たりして、どのくらい大切にその家を使っていたか、家に対する思い入れを確認出来るというメリットがあるのです。

 

居住中であれば綺麗に見える部屋も退去して家具や冷蔵庫が撤去されると、今までの暮らしの汚れというものは結構気になるものです。

 

壁面も床面も、隠れていたところ、使用していたところ、それぞれに差が見られます。

 

壁紙や床材をリフォームしたりしない限り、ちょっとやそっとのクリーニングでは経年劣化の跡は消し去れないものです。

 

隠し切れないなら隠さない事です。

 

引っ越しをすると家具が無いから隠し切れませんが、家具があれば隠さなくても汚れの跡は見える事はありません。

 

居住中でも出来る事、それは引っ越し先の家に持って行かない不要なものは排除してすっきり整理整頓する事です。

 

 

 

 

内覧時の対応

実は、売り出し開始から3ヶ月間、それも1ヶ月目が一番の高額で売主に有利な購入者が現れる期間です。

 

この期間だけでも内覧希望がありましたら、絶対に断らない事です。

 

@内覧当日は、室内の全ての照明を必ず点けてください。

 

ご案内時の時間帯や天候にもよりますが、室内に入った瞬間、少しでも明るい印象を与えたい為です。

 

建物の間取りにもよりますが、陽が入らない暗いお部屋などは必ず明るい状態にします。

 

A売主の印象も成約の要因になります。

 

ここでお伝えしたい事は、物件案内の際、売主様の印象も不動産売却成約につながる大切なポイントになりえるという事です。

 

実は、内覧者は室内の様子だけでなく、そこに住む住人の人となりも観察しています。

 

居住中物件の場合、内覧者はそこに住む売主がどういう人かも購入するかどうかの判断材料にしている場合が多くあります。

 

住人が誠実そうで好印象だったという理由で、購入に踏み切ったという購入希望者は意外と多いです。

 

無視もダメ、行き過ぎもダメ、しかしながら売主の丁寧な対応は、大切にされてきた家という印象に繋がりますから、内覧前に不動産会社の担当者と十分に打合せをして内覧対応する事が望ましいと言えます。

 

また、何といってもその家の長所は、営業マンより住人が一番知っているのですから、買物の利便性や周辺環境などのアピールポイントを整理して、質問には丁寧に答えられるよう準備しておきましょう。

 

質問されても困らない為に、近隣の施設、コンビニやスーパー、学校、病院などへの移動手段を再確認し質問があって即回答が出来るようにしておきましょう。

 

またバス等の公共交通機関や、車、自転車、徒歩での経路、所要時間を一通り把握して、メモを用意しておくと良いですね。

 

付帯設備の資料やパンフレットもあればとても喜ばれます。

 

住人が好印象だと、物件自体も良く見えてくるのは、心理的な点からも言える事なのです。

 

家族の写真をさりげなく飾っておくのもいいかもしれません。

 

好印象を持ってもらえるよう、丁寧な対応を心掛け身なりにも注意を払いましょう。

 

また、ご家族のどなたが立ち会っても同じ対応が出来るようにキッチンの使い勝手や駐車場の状況など、しっかり共有をしておきましょう。

物件を印象良く見せるために

不動産の売買は、高い金額で行われます。

 

このサイトをご覧になられてる方は売主様が多いと思いますが、買主様にとっても非常に慎重になるのは当然です。

 

人間は慎重になると、あら捜しをする傾向になります。

 

よって少しでも良い印象を持ってもらう為に、出来る限りの事はやっておきましょう。

 

@電気は必ずつけておく

 

現在住んでいる場合は問題ないと思いますが、完全に空きの場合は、蛍光灯が切れていたりなど、そもそも蛍光灯をつけていない事もあります。

 

部屋が暗いと良い印象を持たれないので出来る限り電気はつけるようにしましょう。

 

また照明器具が無い場合、内覧出来る時間帯も決まってきますし、雨の日だと印象が悪くなります。

 

内覧希望者との内覧日調整も難しくなってくるので最低限必要な事かと思います。

 

一番明るい時間帯に内覧出来るように調整しましょう。

 

 

Aキレイに掃除をする

 

玄関やキッチン、トイレなど、備え付けの設備・水回りのものは、綺麗に掃除をしましょう。

 

汚いままだと、物件は丁寧に扱われなかったんだなという悪印象を与えてしまいます。

 

特に水回りは本当にキレイにしておきましょう。

 

水回りが汚いだけで印象がとても悪くなります。

 

特に女性は気になる箇所ですので思っている以上にキレイにしておきましょう。

 

なんだかんだで決定権は女性が持っている事も多いので、女性が気になる部分はなるべくチェックしておきましょう。

 

B臭い対策もしっかりと

 

売却物件が住宅の場合、ペットや煙草のニオイが残っていると良い印象は与えません。

 

湿気のニオイも同様です。

 

あらかじめ消臭しておきましょう。

 

ただし、自分では感じない臭いがあるので、市販の消臭剤などを利用して臭いを消しましょう。

 

消臭剤の中には臭いが付いているものもあるので強すぎないタイプのものを選びましょう。

 

C風通しが良い場合はアピール

 

風通しが良い物件は住んでて気持ちいいはずです。

 

風通しが良い場合は、窓を開けて開放感をアピールしても良いかと思います。

 

開放感で物件に対して好印象を持ってくれるかもしれません。

 

D収納力について

 

必ず見られるのが収納力。備え付けの収納は増やす事が出来ないので気になる所です。

 

物件に住んでいる場合も中を見せて欲しいと言われるかと思いますので、内覧の際は、クローゼットの中を見せても大丈夫なように整理はしておきましょう。

 

E扉や窓などの開閉

 

意外と多いのですが、築年数などによっては老朽化が進み扉や窓が開けずらい場合があります。

 

そのままの場合、内覧時に気になる方が多いと思います。

 

大きな工事が必要な場合はどうするか考える必要がありますが、少しの手間で改善するなら、スムーズに開閉するようにしておいた方が良いでしょう。

 

Fスリッパを用意しておく(出来れば新しいスリッパ)

 

人の履いたスリッパが苦手な方もいるので、出来れば新しいスリッパを用意する方が良いと思います。

 

100円ショップなどでも売っているのでそれほどコストは掛かりません。

 

もちろん買わなくても大丈夫ですがキレイなスリッパを用意しましょう。

 

G物件周辺もきれいに

 

マンションやビルの場合は、ポーチや共用部分、ポスト周り。

 

戸建や土地の場合は、その物件の周りの道路などもきれいにしておく事で少しでも印象が良くなる可能性があります。

 

H内覧時の売主の印象も大事

 

内覧時に重要な事として売主の印象が挙げられます。

 

実際に住んでいた方はどんな方なのか?

 

住んでいる方がどう感じているか?

 

どうして売るのか?等

 

気になる方も多いでしょう。

 

このような質問がある事もありますので答えられるようにしておきましょう。

 

目を合わさなかったり、答えに困っていたりするとこの物件は何かあった物件なのかな?など不安になります。

 

他人とのコミュニケーションが苦手な方もいるかもしれませんが、少しでも良い印象になるようにしましょう。

 

水回りなど女性が気になる部分は女性が説明などした方が良いかもしれません。

 

上記のチェック項目にプラスして自分がもし購入を検討していて内覧に行ったとしたら何をチェックするか考えましょう。

 

チェックすると思う事は出来る限り、悪い印象にならないように改善するように心がけましょう!

 

内覧に来ているという事は物件が気になっている訳ですので、次の段階に進む最善を尽くしましょう!

【一括無料査定】比較するから最高価格も相場も分かる!

・大手から中小企業までまんべんなく、不動産の売却査定額を比較できる
・もちろん無料
・無料査定依頼は1分だけ
・これまでの利用者数は300万人を突破
イエイ不動産売却査定