不動産の査定〜不動産の売却方法お教えします!

【無料】査定をお考えの方はコチラから!

自宅にいながら不動産の相場が1分で分かる!!
・大手不動産会社を始めとする全国約500社の優良不動産会社から最大6社にまとめて不動産の査定依頼ができる
・もちろん無料
・無料査定依頼は1分だけ
・東証一部上場企業のNTTデータが運営しており、不動産売却査定業界最長の14年
の実績

HOME4U 不動産一括査定

良い不動産会社を見つけるコツとは?

売り手と買い手の合意で成立する不動産売買である為、間に立ってくれる不動産会社で売買の価格が決まると言っても過言ではありません。

 

しかし、多くの方が不動産売買の初心者であるので、良い不動産会社を見分ける事は簡単ではありません。

 

査定時に調査を行う項目は想像以上にたくさんあります。

 

売却を希望されている不動産の権利状況、管理規約や近隣の建築予定など細かく確認させて頂く事で、売却可能金額算出が可能となります。

 

ご自身でも納得した上で不動産会社を決める事がお互い幸せな取引となるのです。

 

@不動産会社探しは、査定依頼から始まります。

 

複数の会社の担当者と、実際に会って、自分に合った会社や営業担当者を見つけましょう。

 

不動産会社によって、強みは様々です。

 

また、営業担当者を選ぶポイントとして

 

担当になる営業者の「やる気」

 

売主の立場に立ってくれる

 

知識の深さ

 

接客態度

 

分かりやすい説明

 

連絡などの対応が早い

 

は、売却を成功する上で重要です。

 

実際に、複数社の営業担当者と会った結果、

 

「A社より、B社の営業担当者が対応が早く、親身になって相談に乗ってくれた」

 

「C社の担当者の方が、やる気を感じた」

 

などの理由で、不動産会社を選んだ方が多くいます。

 

複数の会社の訪問査定を受ける事が、良い会社・良い営業担当者を見つけるコツ。

 

会社や営業担当者を比較して、より良いパートナー会社を見つけてください。

 

思い入れのある住まいは、出来る限り高く買って欲しいと願うのは当然でしょう。

 

しかし、不動産には相場の価格というものがあります。

 

この相場価格とかけ離れた高額で売却する事は出来ません。

 

出来もしないのに、高額な査定価格を提示してくる不動産会社には要注意です。

 

専属専任媒介契約が欲しい為に、あえて査定価格を高くしている可能性があります。

 

その査定価格の根拠や、どのような販売活動を行うのかなどを確認し、少しでも不安に思ったならその会社とは契約しない方が良いでしょう。

 

相場価格を大きく上回る査定額を提示してくる不動産会社には要注意!

 

A買い換えたい住まいが決まっている

 

もしも買い換えによるマイホーム売却が目的で、すでに購入したい住まいが決まっているのなら、その購入先の不動産会社を選ぶのも良いでしょう。

 

マイホームが売れなければ自分たちの売り出し物件も契約してもらえないので、危機感をもって売却活動を行ってもらえそうです。

 

また、購入代金の支払いと売却代金の受け取り時期を調整してもらえるなどのメリットもあります。

 

B免許番号と行政処分歴を確認

 

民間の不動産会社が建物の取引を行う為には免許が必要です。

 

これを確認する事で無免許会社との取引を防ぐ事が出来ます。

 

また免許を交付した行政庁に行けば、会社名簿を無料で閲覧する事が出来ます。

 

この名簿を見る事で、過去の実績や行政処分歴などが分かるので、不安な方は念の為参考にすると良いでしょう。

 

免許を交付した行政機関は、国土交通大臣免許と各都道府県知事免許によって異なります。

 

詳細は各行政機関の担当部署に確認してください。

 

なお、国土交通省と一部の都道府県では、免許会社の行政処分情報をインターネットでも確認する事が出来ます。

 

行政機関

会社

国土交通省地方整備局等

各地方整備局等の管轄区域に本店が所在する国土交通大臣免許の会社

都道府県庁

各都道府県知事免許の会社
各都道府県に本店が所在する国土交通大臣免許の会社

 

行政処分情報の閲覧

 

国土交通省「ネガティブ情報等検索システム」

 

都道府県(知事)が行った監督処分情報(一部)

 

 

C得意としているエリアと平均売却期間を確認

 

不動産会社によって、力を入れているエリア、得意なエリアは異なります。

 

当然、あなたが売却を予定している不動産のあるエリアを得意としている不動産会社の方が、高く・早く売ってくれる可能性が高くなります。

 

次の項目は、ぜひチェックしておきたいところです。

・得意とするエリア⇒自分の物件のあるエリアに強いかどうか。

 

・注力エリアでの年間の取引実績⇒具体的な取引実績の数字を他社とも比較して実力を判断。                        

 

・平均売却期間⇒具体的な数字(○ヶ月で△%の成約)を他社と比較。売りに出してから問い合わせのピークが1ヶ月以内にあるか。

 

・「一戸建て」や「マンション」といった物件種別の得手不得手

 

・賃貸物件もしくは不動産売買どちらに重点を置いているか⇒大学校、駅近の不動産会社は、賃貸物件に重点を置いている場合が多いです。

 

D売却以外のプランを提案してくれるか

 

売却を考えていても、

 

「貸した方が得なら、賃貸も検討してみたい」という場合もあるはず。

 

売却だけでなく、依頼主にベストなプランを提供してくれる不動産会社を選びたいものです。

 

あなたが、「もしかしたら、貸した方が将来的に得なのでは?」と迷ってる場合、査定書に売却時の価格しか書かれていないなら、貸す場合のことも遠慮せずに聞いてみましょう。

 

もし貸した場合、

 

・いくらの費用がかかるのか
・いくらの家賃収入が見込めるか
・いくらの税金が発生するか
・最終的にどれくらいの利益になるのか
・修繕費としていくら積み立てるのが妥当か

 

また、リフォームして売った方がいいのか、しないで売った方がいいのかは、物件にもよります。

 

迷っているのなら、その点も聞いてみましょう。

 

あなたが迷っている事に適切に応えてくれて、具体的な提案をしてくれる不動産会社を選ぶことが大切です。

 

E宅建業以外の有資格者の有無もチェックしましょう

 

宅建業以外の有資格者がいるかどうかも、実は大切なポイントです。

・新しい物件を購入するために今の物件を売却しようと考えていて、資金面に不安があるのなら、FP(ファイナンシャルプランナー)がいる不動産会社がよいでしょう。

 

・相続などの税金面で不安や疑問があるのなら、税理士などの有資格者がいる会社だと便利です。

 

・住宅ローンの返済が出来ず売却を考えているなら、任意売却アドバイザーなどの資格を持っている人のいる会社がよいでしょう。

しかし、そういった有資格者が揃っている会社は、そんなにありません。

 

有資格者や事務所とスムーズに連携を取れる会社だと安心です。

 

F自分の物件を買ってくれそうな見込客がいるのか

 

不動産会社の営業マンの「お客(購入希望者)」に、あなたの物件を欲しい人がいれば、スピード売却はもちろん、適正な価格で売却出来る可能性がグンと高くなります。

 

営業マンの抱える購入見込客の情報は聞いておきたいところです。

 

・今、抱えている購入希望のお客の中に自分の物件を欲しがりそうな人がいるか?
・対象となる地域にどのくらいの購入希望者を持っているのか?

 

不動産を購入する人の多くは、その物件の半径2キロ圏内に住んでいると言われます。

売却物件のある地域に、どれくらいの購入希望者をすでに抱えているかという点も把握しておくと良いでしょう。

 

G販売力・宣伝力を確認

 

不動産を早く、高く売りたいなら、より多くの人に見てもらえるような幅広い広告宣伝活動が必要になります。

 

・その地域をどのくらい熟知(相場等)しているのか

 

・独自の販売ネットワークが充実しているのか

 

・どのような販売活動をするのか

 

・どのような努力をしてくれるのか

 

・地元の不動産流通に精通しているのか

 

H適正な査定額を提示してくれるのか?

 

複数の会社に不動産を査定依頼すると、その査定額にはバラつきがある事が多々あります。

 

高い査定額を提示してくる会社が優良な会社であるとは限らず、高い査定額を提示して物件を獲得する悪徳業者も存在する可能性もあります。

 

確かに高い査定額を提示されると嬉しい気分になりますが、査定額というものは、不動産会社が予想した金額であって、必ずしもその金額で売れると確約されたものではないという事です。

 

・査定金額の根拠をキチンと説明してくれるか

 

・査定金額に納得出来る理由があるのか

 

・査定額が相場よりかけ離れていたりしないか

 

I不動産会社の評判

 

不動産会社の評判は、実際にその不動産会社に行かれた方の生の声ですので、インターネットや口コミも重要なポイントです。

 

あまり評判が良くない会社は、避けた方が良いかもしれません。

 

以上10項目は最低限チェックしておきましょう!

 

 

 

【一括無料査定】比較するから最高価格も相場も分かる!

・大手から中小企業までまんべんなく、不動産の売却査定額を比較できる
・もちろん無料
・無料査定依頼は1分だけ
・これまでの利用者数は300万人を突破
イエイ不動産売却査定